医学部受験に役立つ参考書【駿台受験シリーズ】

○お医者さんになろう 医学部への生物

問題編では、医学部入試の決め手となる問題を9分野・41テーマ・86題収載。知識問題から考察問題、古典的なテーマから最新トピックスまで、バランスよく取り混ぜています。講義編(解答・解説)には、問題の解説だけにとどまらず、背景などについても解説しています。

 

○お医者さんになろう 医学部への英語

書くために読む、読むために書く、読解する、「英語論文」に取り組む、作文を書くというところに重点を置き、別冊は問題編となっています。

 

○お医者さんになろう 医学部への数学

数学Ⅰ・A・Ⅱ・B・Ⅲ・Cの医学部入試対策が出来ます。【総合演習】では、代表的な50の解法を身に付ける事がねらいとなっています。重要な問題を解くための役立つ考え方を「考え方の基礎」から解説しており、【実践問題】では、「わかったつもり」では解くことのできない問題も多く含まれている、解きごたえのある内容となっています。

 

○お医者さんになろう 医学部への化学

化学の全分野を15のテーマに分類し、各テーマ毎にPOINT・例題、それに続く練習問題の順で構成しています。問題は主に、実際に医学部で出題されたものを選んでおり、最新の問題から選出されています。例題26題、練習問題61題収録。

 

○お医者さんになろう 医学部への物理

入試物理の全範囲について、医学部や難関大学の受験に対応できる学力をつけることを目標とした問題集となっています。全分野を5分野(力学、熱、電磁気、波動、原子)にわけて、それぞれ「POINT」「例題」「練習問題」で構成されています。

 

これらは、予備校でつかわれているだけでなく、医学部対策の家庭教師でも使われています。

 

Leave a Reply

Spam Protection by WP-SpamFree